総回診って必要?

回診と聞くとすぐ浮かぶのが


財前教授の総回診
{9F8FE6C2-567C-4958-87A0-9159E15AB6D3}


(古すぎて、、girlschannelよりお借りしました、、)

なつかし〜



わたしが入院してる病院の総回診は
朝8時ごろ来るんだけどね
その前に一人だけで「下見」に来るの(笑)



問診と傷チェックでざっと1分。
痛いとかそういうのは
いちおう訴えるけど華麗にスルー(笑)



で5分後くらいに、、


狭い病室に
乳腺科長以下10人くらいが
ぞろぞろと、、
覗き見て去る(笑)
その間約20秒。


執刀医の先生もいるのに
なぜか違う先生が再チェック


下見はいわばリハーサルなのか?


今日は執刀医の先生
たくさんの人の後ろから
背伸びでチョコチョコ顔出してて、、



火事場の野次馬みたいで
なんだかかわいい♡(コラー)


と思いました(笑)



いやほんと、
回診自体は必要だし
白い巨塔までは行かないにせよ
噂の総回診は体験できて良かったけど(笑)
形式だけって
意味あるのかなぁと思った次第です。


(もし意味がちゃんとあったらスミマセン)


せっかくなら
一人ずつ
今日の一言!とか
もらえたら嬉しいね(笑)



大学病院とかだったら
もっとすごいのかなぁ〜
(わたしは公立病院)



財前教授の総回診みたいなやつ
一回見てみたいなぁ(笑)


とか書いてたら
術後はじめて執刀医の先生が登場して
冷や汗をかいた(笑)



やっぱり
優しい〜♡
イケメン〜♡
と誉めまくる(何のフォロー?)



爽やかな笑顔で癒され
回診の話がどうでもよくなったけど
書いちゃったからアップします(コラー)

手術終わりました!

乳房全摘手術、無事終わりました。

 
 
手術なんてそうそうないので
興奮覚めやらぬうちに
レポ書いておきます(笑)
 
 
ただいま術後3日目
これかける程度には
復活でございます。
 
 
応援くださったみなさま
ありがとうございます!
 
 
さてここからは
 
 
リアル手術レポなので
興味ない方はスルーで。
 
 
わたしが受けたのは
乳房全摘とリンパ郭清(取ること)
 
 
組織検査の結果で
ステージ2b
腫瘍3センチ
リンパ転移あり
 
 
核グレード3
トリプルネガティブ
 
 
と、まあ
わかる人にはわかるけど
結構勢いがあるやつで。
 
 
 
だったので
リンパもガッツリいかれました。
 
 
リンパは病院の方針で
レベル2までは取るらしいですが
私の場合はちょっと怪しい部分で
レベル3の一部も取ったらしい。
 
 
要は、脇の下から鎖骨の下から
リンパ節をごっそり取ったそうな。
 
 
手術の感想は、、
 
 
手術前日の晩ごはんまで食べれて
手術は全身麻酔なんで
ま、寝てる間に終わるし
余裕でしょ!と思っていたけど
 
 
・・・甘かった(笑)
術後が痛い。当たり前だけど(笑)
 
 
 
ちなみに個人差がありますが
わたくし超痛がりの超怖がりなんで
そこまでじゃない方もいるかもですが
わたしの感覚で手術日のレポ書いてみますね。
 
 
さて手術前日の夜から
水分も食事も禁止。
8時45分スタートとのことで
前のめり気味に旦那さんは
7時に到着でヒマ(笑)
 
 
 
手術時間までに検温、血圧
術着に着替えて
手術中の血栓防ぐために
圧迫サポーターを履く。
 
{E60EE0EA-3ABD-4E25-B851-0EEEE25BE82D}


 
 
時間になったら
歩いて手術室へ。
旦那さんとはエレベーターでお別れ。
 
 
手術室は広い廊下に沿って
ドドーンと20個くらいあって
わたしは13番のお部屋。
 
 
ドラマで見るのと同じ手術室だあと
ちょっとドキドキしながら
術式の確認を口頭で。

f:id:yukamenco:20170301115940j:plain

 
 
執刀医のイケメン先生は
ちょいと遅れてやってきた。
 
 
 
若手ばかりでシーンとしたところを
柴田理恵風の女医さんが関西弁で
「元気に行こうや!」と言ってくれて
ふわっと空気がなごむ。
 
 
 
こういう緊張感のある場所は
ほぐすって大事だね〜。
 
 
 
 
執刀医の先生には
スタッフがいっぱいで慌ただしかったから
あまり話せなかったけど
ガッツリ取ってください!とお願いしました。
 
 
手術台にも自分で乗るw
わ〜ドキドキ、と言いながら乗る(笑)
 
 
足には血栓防止の
マッサージャーを装着
わ〜気持ちいい、とはしゃぐ(笑)
 
 
点滴は肘ではなく
手の付け根でめっちゃ痛いし
思わず「痛い〜」と漏らす
 
 
針がめっちゃ太いらしいので
しょうがないらしいが
麻酔科の女医さん、ちょっと苦笑したのを
見逃さなかったわよ(笑)
 
 
いい大人が、と思われても
新しい体験は楽しむし
痛いもんは痛いと伝えますw
我慢すると余計痛くなるし
痛いというと理由教えてくれるから
それで痛みが和らいだりね。
騒いですみませんw
 
 
 
そこから全身麻酔の点滴が入り
20秒と言われてたけど、
うん、そんな感じ
手術室のライトに靄がかかって
起きたら終わってた(笑)
 
 
 
で、起きた瞬間
「痛ぇっ!」
激痛なんですけど
痛み止めどうなってんの?
と思ったけど朦朧として動けず。
 
 
 
終わったら隣の回復室で
しばらく様子を見られてるけど
こちらも朦朧として記憶なし。
 
 
その後ベッドのまま
病室まで運ばれ
旦那さんが登場。
先生に話を聞いてきたらしい。
 
 
旦那さんが必死で
紙を見せながら話すけど
いまは「痛い」「クラクラする」
だけなので余裕なし(笑)
 
 
 
とりあえず予定どおり
取りましたって話でした。
 
 
 
その後は麻酔ハイなのか
酸素マスク姿を写真撮らせ
なにやらペラペラ一方的に話し
 
 
 
さらにわたしに
付きっ切りでいてくれる
旦那さんに感謝の気持ちが湧き
ふだんはぶっきらぼうなのに
実は私のこと好きなんでしょ?
と詰め寄ってみたり
優しい旦那さんを持って
あたしゃ幸せだ、ありがとう!と号泣したり(笑)
 
 
・・振り返ってみたら
完全な麻酔ハイですな。
 
 
旦那さんが帰った後
速攻寝落ちしました(笑)
 
 
麻酔酔いは後からちょっと来て
吐き気が少し出たので
吐き気止めと痛み止めを点滴してもらい
眠りにつきましたが
 
 
痛くて体制変えられないのと
マッサージャーがグイングイン動くのと
2時間置きに検温と傷チェックに来るので
あまり眠れませんでした。
 
 
 
でも傷を見る人がみんな
「傷キレイですね〜」というので
傷はきれいらしい(笑)
 
 
わたしは痛いので
それどころではないけど
化膿してるかチェックで
傷が綺麗かどうかは
大事みたいですね。
 
 
 
そんなこんなで
あっという間の手術当日。
 
 
 
聞いてた通り
体感時間は5分でした(笑)
 
 
あっ、乳房を失った喪失感みたいなのは、、
あんまりないかも。
痛いほうが気になって。
 
 
手術前は
自家組織で再建しようとか思ってたけど
また全身麻酔で手術嫌だし
面倒くせ〜と思ってしまいました(笑)
 
 
とりあえずごはんも完食、元気です。
またレポします〜。
 
 
 

読んでくださりありがとうございます!
応援の1ポチお願いします↓
にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ

目標をもつこと。

7月のフラメンコ発表会に向けて
そろそろフォーメーションも決まりそうなので
病気のことをフラメンコの先生に伝えないと、と
1月末のレッスン後に先生に話をした。


もしかしたら「無理しないで不参加に」なんて言われたら
ショックだよなぁと思いながら話したけど
結果は逆で


「いざとなったらフォーメーションなんてどうにでもなるし
なにか目標があると、治り方が全然違うから
発表会に出る前提でいてくださいね」



と言ってもらえて本当に元気が出た。

ついでに涙も出そうだったのでこらえた。



さらに聞けて良かったのが
先生のお友達のフラメンコ講師の方でも
乳がんの治療を克服して今も講師として元気に踊ってる方がいるとのこと。



乳がんの手術後って腕が上がらなくなるので
リハビリも必要だというし
そのあたりもリアルな体験談を聞けるので、
よかったらその方を紹介しますよ、と言ってもらえて
ありがたかった。



何事も経験者の言葉は本当に参考になるよね。



早めに先生に伝えて良かったし
いい先生のところで大好きなフラメンコを習えて
幸せだなぁとしみじみしちゃいました。
さあ「発表会出る前提」で楽しくやるぞ!

乳がん精密検査はアトラクション気分

紹介状を持って行った病院で
精密検査がはじまりました。

新しい体験はこわさ半分、
でも興味しんしんな私・・・


結果、

結構楽しめました(笑)


今回はエコー、マンモ、MRI


エコーもマンモも
最初に行ったクリニックでやったけど
またやるの?面倒だしお金かかるし
いらなくない?と思ったら


念入り度が全然違った。


さすが精密検査。
エコーなんて30分くらいかけて
画像撮影しまくっていたし
マンモは普通のマンモじゃなくて
3Dマンモ(トモシンセシス)といって
1ミリずつスライスして観られるすごい機械なんだとか。
おかげで乳房を挟まれてる時間が長かったけど。


マンモは痛いとよく言われるけど
挟まれる系の痛みには比較的強いわたし・・・
今回も楽勝だろうと思ったら、ちょっと甘かった。


乳房が痛いというよりは
首を寝違えそうになる痛さ。


首を逆方向に向けたまま
乳房を挟まれて、そのまま首をさらに傾けてキープし
写らないようにしないとならず


首筋の皮が切れそうに突っ張ったまま
その状態を40秒くらいキープするので
乳房がどうのよりも首が折れそうだった・・・


「首が、首があ~!!」と叫ぶわたしに
若い女性技師さんが「もう少しですっ!」と励ましてくださり
なんとか終了(笑)


お次はMRI
脳ドックであおむけに寝るMRIをしたことがあったので
同じかと思ったら


なんと乳房専用のMRIはうつぶせ!!!
しかもちょうど乳房の場所に大きいボウルが2つ!!

こんなにデカイ胸の人いねーだろ!

と突っ込みつつ


全然埋まらないそのボウルに乳を入れ
造影剤を入れるために注射針を刺されたまま
しかもその注射器も自分で握り
うつぶせのままヘッドホンもされ・・・
そのままウイーンと持ち上げられる。


斬新な体験すぎて

「ウヒョー!最新アトラクションみたいですね!」

と叫んでしまったわたし・・・w



MRIは隣の家のドリル音みたいな音だったり
途中リズミカルなラップ風だったり
ま、うるさいけど私は「うるせー」程度で済みました。


ちなみに乳房関係ないけど
一番嫌いな検査は婦人科の内診。
見えないところをグリグリが一番怖いの。気持ち悪いし。
MRIが苦手な人も
マンモが苦手な人もいるみたいだから
人によって得意分野があるのかもしれないですね。

乳がん告知された瞬間によぎったのは

わたしはかなりドップリとはまってる趣味があります。


それはフラメンコ。
スペインの踊りです。
まあ、わたし自身はへたくそだし、
練習時間もなかなか取れないんですけど
思い入れだけは人一倍あります。


教室に80歳で元気に踊っている方がいて、
あのくらいまで踊りたい!!と本気で思ってます。


フラメンコってバレエとかと違って
その人の個性や人生がにじみ出るから
いつまでも出来るのも魅力。
そんな私なので
最初に乳がん告知されたときによぎったのは

「7月の発表会、出られるんだろうか!?」

ってこと。

病気のショックより
発表会に出られないかも、のほうが大きいという(笑)


でも出られないと決まったわけじゃないし
逆に出たいからこそ頑張れるってのもあるわけで。


とりあえず病院の先生にもその希望を
話していこうと思ってます。
フラメンコ踊ってるときは
振り付け覚えるのも必死だし
ちょっと気分が落ち込んでも
それどころではなくなるので
なかなかよいんですよね(笑)


身体も動かすから気晴らしにもなるし
フラメンコには何度も救われてます。
やっぱり好きなことや夢中になれるものがあるって
いざというとき自分の支えになるなぁと思います。

乳がんはクリスマスに突然やってきた

2016年12月後半・・
ぼんやりテレビを見ていて
右胸をなんとなく触ったら
固いしこりを感じてドキっとした。

念のため・・・と
クリスマスイブに訪れた乳腺科で
マンモとエコー、念のため細胞診。

 

細胞診の結果は年明けですね、と
言われて帰ろうとした瞬間に
ふと思い立って
「いまの時点でわかっていることはありますか?」
と聞いたら・・

 

先生がさらりと
「残念ですが、おそらく悪性です」

と話した。

 

「?????????」

 

あたま、真っ白。

 

恐る恐る
「触診とエコーなどだけで根拠はあるんですか?」

と聞いてみると

 

「しこりの形とエコーでの血流を見て、ほぼ間違いないです」

と、申し訳なさそうな、けれど確信がありそうな顔で言われた。

 

まさかのがん告知。
クリスマスイブなのに・・・
今日は帰ってチキンを買って
ポテトサラダを作るのに・・・

 

先生は
「ちゃんと治る病気ですから、淡々と治療を受けてください」
と言ってくれたけど・・・

 

それどころではない。

 

病院からフラフラと出て
駅までの帰り道
勝手に涙が出た。

 

人目もあるけど、
ぜんぜん止まらない。

 

とりあえず、何か情報入れなきゃ。
年明けまでに勉強しておかなきゃ。
ものすごいショックと
妙な冷静さで
駅ビルの本屋さんに直行し
乳がん関連の書物をフラフラしながら立ち読み。

 

がんはメジャーな病気だけあって
関連書籍もめちゃくちゃ多い。
その中から、乳がん治療した方のブログ本を買い
読んでみた。

 

帰ったら号泣するのがわかってるから
なんだか家に帰りたくなくて
とりあえずカフェに入って
旦那さんに「多分がんらしい」とメールし
買った本を一気読みした。

 

その方の本はとっても明るくて面白いうえに
だいたいの基礎知識がわかった。

 

乳がんといっても
いろんな種類があって
それによって効く薬が違って
治療法も変わることとかね。

 

日が傾いてきてもう夕方
ああ、帰らなきゃって
すでに泣き顔で重い足取りのまま
ケンタッキーを買って家に帰る。

 

玄関に入り旦那さんの顔を見た瞬間
こらえていた(出ていたけど)涙が
ぶわーーーーっと溢れ号泣した。

 

怖い。とにかく怖い。
思い切り泣いた後
先生に聞いた話を泣きながら伝えて
話しているうちに少し落ち着いてきて・・・

 

いま、何も痛いところはないし
まだ分からないしね、
とにかく平常心でいよう、
でも、心の準備はしておこう。
生活習慣、食事とか
自分で変えられることは変えてみようと思い立って
その日を終えました。