読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

【乳がん】入院時に持っていくと良いもの 【乳房全摘手術】 

2016年2月23日入院~3月5日退院
乳がんで乳房の全摘手術をするのに
10日間(10泊)入院しました。
手術前日に入院、術後9日で退院です。


手術を含めた病院ライフの中で
持って行ってよかったもの、いらないなーと思ったものを
まとめてみました。


あくまで私的な感想ですが
ご参考になれば!!!

持って行ってよかったもの


病院の持ち物リストに入っているものも含みますが
わたしが使ってみての感想です。

チェック ストローつきペットボトルキャップ
100均のもので充分。
手術後すぐは起き上がるのも結構大変。
なので看護師さんにストローを付けてもらって飲ませてもらってました。
少し復活してもベッドのテーブルだからこぼしにくいので愛用してました。

チェック 前開きのパジャマ
これはもう乳がん手術にはマストアイテム。
病院でレンタルもできます。(1日数百円くらい?)
わたしはレンタルのが綿でペラペラなのが嫌で持参しました。
毎日回診や検温で前を開けて診察するし
最初は腕も上がりにくいので・・・
しかし、前開きのパジャマって可愛いのがないんですよね。
わたしは無印のオーガニックコットンのものを買っていきました。

image

チェック 病院内での上着
院内は温度管理されているけど
パジャマ1枚で過ごすので、自分の体調によってはときどき寒い。
なのでカーディガンは重宝しました。
ベッドで本を読むときとかも肩にかけたり。


チェック あったか靴下
病院の布団て、すごいペラペラなんですよね。
さらに綿のシーツとタオルケットなので
普段毛布とふわふわシーツで寝ているわたしには
肌あたりが冷たくて、、足が冷えました。
しまむらで買ったこのナマケモノあったか靴下が大活躍でした。
image 


チェック 保温マグ
先に入院した友達に薦められて買ったマグ。
フタが閉じられるから安心だし、保温機能があるので
ちょっとリハビリに行ってる間とか、ちょこちょこ席を外しても
冷めなくて安心。
帰宅してからも愛用してます!
image 

チェック コーヒーやお茶のティーバッグ

わたしの病院ではお湯はナースステーションでもらえたので
このマグに入れてお茶飲んでました。
食事のときとか、あったかいお茶飲みたくて。
コーヒー入れて本を読んだりもしましたよ。
持って行かなくても、院内のコンビニとかでも買えます。

チェック ふりかけ
病院のごはんは薄味で、おかずよりごはん大目だったので
わたしは重宝しました。
病院のコンビニでも売ってるけど、
選びたかったので持参。
おとなのふりかけを毎日味替えて楽しんでました。

image 




チェック 電源タップ
わたしの入院した病院は「なんでここに?」というような
頭の上にコンセントがあったので、これは必須アイテムでした。
携帯の充電とか、DVDプレイヤー見る時とか
結構必要になります。


チェック ハンドタオル
バスタオル、フェイスタオル以外に
ひとまわり小さいハンドタオルが役立ちました。
常にベッドのテーブルに置いておいてちょっと手を拭くとかに重宝。
明るくて眠れなかったので夜はアイマスク代わりにしてました。


チェック DVDプレーヤー
普段から地上波テレビは録画してみたいものしか見ないので
今までなかなかゆっくり見られなかったDVDとコンパクトDVDプレーヤーを持参。
昔、息子が飛行機とかで飽きないように買ったやつです。
いまはipadとかスマホで動画も見れますが、見たい映画とかある人はぜひ。


チェック ノートとペン
先生の回診は一瞬なので、聞きたいことをメモしておいたり
頭に浮かんだことを書いたり、知り合った人と連絡先を交換したり
いろいろ使います。

持って行けばよかった・・・と思ったもの



チェック アイマス
わたしの病室がナースステーションの目の前で
しかも廊下側だったので、カーテンを閉めてもまぶしくて
なかなか寝付けなかったので
アイマスクかアイピローがあれば良かったなと思いました。
ハンドタオルで代用してました。

チェック パジャマの着替え
パジャマは1枚しか持って行かなかったので
着替えがなくて、いったん退院着に着替えて洗濯しました。
まあ、前開きパジャマなんて2枚もいらないし・・・と思っていたので
わたしはこれで良かったと思いますが
レンタルの人は毎日替えたりできるので、毎日着替えたい人には
レンタルが良いのかも。

持って行ったけど必要なかったもの


※ S字フック
あると便利、とどなたかのブログで見たけど
わたしはどこで使ってよいか分からず
使わずじまいでした。
病室の構造にもよるのかもー。


※ 前開きの退院用の服
前開きの服って、意外とないですよね。
わたし探したら1枚もなくて
しまむらで前開きシャツとかカーディガン購入して
着て行きました。

でも必要なかったかな・・

同時再建でエキスパンダー入れてる人は
90度以上腕を上げてはいけないのですが
わたしは全摘で退院の時には腕もまあまあ上がったので
かぶりの服でもいけたなぁと。



こんなところです。


で、だいたいのものは
病院内のコンビニで買えますが
種類は少ないのでお気に入りを持参するのも手。


ただでさえ手術など不安だし
ちょっと大変なときもある入院生活
なるべく快適に過ごせるように準備していってくださいねー。

image 

 

読んでくださりありがとうございます!
応援の1ポチお願いします↓
にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ

乳がん 乳房全摘手術後の経過(リンパ郭清あり) 2日目

記憶が新しいうちに
術後翌日からの記録をしていきます。

ちなみにわたしは
トリプルネガティブ
核グレード3
 
右乳房全摘
リンパ郭清(レベル3)の手術を受けました。
 
感じ方や経過は個人差があるので
参考になるかわかりませんが
何かのお役に立てば幸いです。


術後1日目の記録
術後2日目の記録 ←いまここ

 
術後2日目には
フラメンコの腹筋のみで起き上がる作戦で
起き上がるコツを身につけたので
トイレにはだいぶラクに行けるようになりました。


隣の高齢の女性はトイレにも介助が必要で
昼も夜中もコロコロ・・・と点滴を引いて
看護師さんに支えられてトイレに行ってて。
自分でトイレに行けるありがたさも感じた。


わざわざナースコールして
「申し訳ないねぇ」と言いながらトイレに付き添ってもらうのは
本人だって嫌だろうなと思う。


自分でトイレに行ける
自分で何かが出来るって
やっぱ大事だよなーと思ったので
痛くてもなるべく自分でやってみようと思うことが出来ました。



ちなみに
痛み止めの点滴を抜いてからは
痛み止めは「ロキソニン」のみ。


よく頭痛や解熱で出される薬なので
ロキソニンかいっ!と思うけど
痛みには結構効くようで
薬が切れた瞬間が分かって「イテテテ」となる。


ロキソニン、効いてたんだね(笑)


ただ、ロキソニンで効かない部分も多くて
術後の内部でわたしの身体が修復している
ちょっと麻痺してビリビリ部分(神経系?)や
ドレーンの出口なんかは薬が効かない。
ドレーンの出口は管と皮膚が縫い止めてあって
考えただけでも痛いので見てないけど、つれたような痛みがずっと。


それと、術後の止血に使ってある胸バンドが痛い。
圧迫されまくってるので傷が痛いのかなんなのか。


回診の先生は
傷がきれいねー!と言って去っていく。
痛いですーーーといっても
「手術したんだから痛いのあたりまえ」的なコメントで
華麗にスルー(笑)
ま、そりゃそうなんだけど
言いたいのが人情ってもんで・・・



あと、ずっと続く頭痛がきつくて
この頭痛にはロキソニンが全然効かない。


どうやら全身麻酔が抜けてないのが原因の頭痛みたい。
微熱もあってやっぱり疲れやすく
ベッドを起こしていてもついウトウト、、
ごはん食べて本読みながら寝落ち・・・なんて感じでした。



でも!!
さすが乳房切除術は
内臓が関係ないだけあって
ごはんは完食!!!


これが消化器系とかだと
術後しばらく食べれずキツイらしいのだけど
乳房の場合は手術前日の夜までガッツリ食べて
術後翌日の昼からガッツリごはんが出ます!


術後の傷が痛くても
頭痛がしても
お腹はすくーーー!!
3食すべて完食!
むしろ足りない!


この日はカレイの煮つけ
ふりかけは持参

f:id:yukamenco:20170322162131j:plain

 

家ではあまりごはんの量は食べなかったけど
朝も昼も夜もがっつり白米出たのを
完食してもお腹がすく・・・
傷の修復にカロリーを使っているとみた。



ただし、おかずに対して
白米が多いので
ふりかけ持参が正解でした!!



あっさり目の味付けも美味しくて
まさに上げ膳据え膳の一日
痛みは嫌だけど
これに関してはいやー極楽、でした。
トイレだけ行ってればいいし(笑)


日曜日なので病院が休みのため
ナースステーションも人はまばら。
なんとなく「止まってる感」のある病院だったので
わたしもウトウトしまくって気付いたら夜。


そうそう夜はあまり眠れなかったかな。
わたしがいたのは2人部屋の廊下側。
そしてナースステーションが目の前。


ドアはずっと開放なので
廊下の蛍光灯がまぶしいのと、隣の方が夜中もいろいろと
血圧や検温で看護師さんが出入りするので
そのたびに「ん?」と目が開いてしまう。
途中からタオルを顔にかけて寝たら
まぶしさがちょっと快適になり
それ以降退院までハンドタオルを顔にかけて寝てました。


お部屋が廊下側の方は
アイピローか旅行用のアイマスク持参が良いかも。


という感じで
あまり眠れないけど寝落ち、な2日目でした。
3日目に続く~
 
 

読んでくださりありがとうございます!
応援の1ポチお願いします↓
にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ

乳がん 乳房全摘手術後の経過(リンパ郭清あり) 1日目

記憶があるうちに
乳がんの乳房全摘手術後の経過を
記録していこうと思います。

ちなみにわたしは
右乳房全摘
リンパ郭清(レベル3)の手術を受けました。
感じ方や経過は個人差があるので
参考になるかわかりませんが
何かのお役に立てば幸いです。

まずは1日め。



帝王切開のときもそうでしたが
手術後翌日から歩くんですよー。
ぜったい皮膚、つながってないと思うんだけど
動いた方が早く回復するらしく・・・



麻酔の切れないアタマで
管だらけの状態から
え、歩くんすか?みたいな感じですが
ええ、歩きましたとも。スパルタで無理やりw



ということで術後1日目



手術が終わってからまる1日は
昼夜問わず2時間おきに
検温と心電図を測りに来て
血栓防止のフットマッサージャーが
グォングォンマッサージするので
ぜんぜん眠れない夜を過ごし・・・



そのまま迎えた手術翌日の朝は
けっこう大変でした。


ベッドを起こして
自力で歩く練習をするだけど
看護師さんはかなりのスパルタ。


さらに、
かーなーり愛想が悪い看護師さんに当たり・・・



はい、起きますからね(棒読み)



ウインウイン電動音がウザかった
血栓予防の電動マッサージャーを
やっと取り外してもらって

ご機嫌になったわたしが
「スッキリしましたー!」と言ったら


看護師さんは淡々と
「その代わりちゃんと足を自分で動かしてくださいよ」
と冷たいお言葉。



若いのに愛想ないなー
男の前ではかわいいこと言ってんだろ?どーせ
とオッサンみたいなことを思う(笑)



で、その低いテンションのまま
痛み止めの点滴もさくっと外され



「はい、立ちますから徐々にベッドあげますー」(棒読み)


と、徐々に電動ベッドの角度を上げて
重力に慣れていく。


15度くらいずつあげて10分放置
それを4回くらい繰り返して90度に。


これが意外に痛い。
重力かかるとこんなに傷って痛いのね・・・


で、90度まで起こしたら


「はい、じゃベッドから降りてください」(棒読み)


とテンション低いまま、
看護師さんからいきなり降りろ宣言。


身体の使い方がわかんなくて
変な場所に力を入れたら
手術した傷口が裂けそうに痛くて


「傷が開くーーーーーー!!!!!!!」
「ギャーーーーーー!!!」


って叫びながら
生まれたての小鹿のような姿勢で
やっとの思いで立ったんですけどね。

f:id:yukamenco:20170321092716j:plain 


看護師さん
「・・・はい、歩いてください」(棒読み)
と棒読みでスパルタな感じ(笑)


おそるおそる足を前に出し
5センチくらいずつヒョコヒョコ歩いたら


「はい、歩けましたんで
おしっこの管を抜きますね
これからは自分で行ってくださいね」


と、これまた塩対応。



一番痛かったのが
電動ベッドにもたれた姿勢から、
自力で起き上がる瞬間で
2度とその動きをしたくなくて
恐ろしくてベッドに寄りかかれず、、


そのあとはずっと
背もたれに寄りかからず正座してたもん(笑)


でも、午後には背もたれ状態から
腹筋のみを使って起き上がり
ベッドから降りるコツをつかんで
なんとか出来るようになった。


ここでめっちゃ役だったのが
フラメンコの練習。


いま発表会の練習で
椅子からカッコよく立ち上がる練習をしてて。


腕でヨイショ、ではなく
椅子から腹筋のみで立ち上がるんですよ。
背もたれから起き上がるとき
上半身使うとめちゃくちゃ痛いんで
その練習を思い出して
腹筋のみで身体を起こしたら
意外と痛くない!


これは良い!と
腹筋のみで動いて
無事ベッドから降りられるようになりました。


これ、乳がんで手術受ける人に
コツを知っておいて欲しいなぁ。
今度記事にまとめますね。


さて、やっと痛いながらも
ヒョコヒョコ歩けるようになり


午後には旦那さん、息子と母が
会いに来てくれたのだけど
なんと小学生は病室に入れず
わたしがヒーヒー言いながら面会室に行くことに。


歩いてみて、意外に痛かったのがドレーン。
漏れたリンパ液が溜まる袋を
手術時に仕込まれていて
胸の中までストローのような管が通ってる(涙)


で、その出口が皮膚に縫い閉じられてて
つれて痛いので体がまっすぐに出来なくて
右に傾いたまま歩いてました。



こんな感じでした

f:id:yukamenco:20170321092737j:plain




歩くのがやっとで
ドレーンで体がまっすぐにならず
えらく小さい歩幅で引きずるように歩いてたので



息子がちょっと引いてました・・・
結構病人ヅラしてたみたいです。


1時間くらい話したけど
さすがに術後すぐで
ずっと固いソファにいたら
めちゃくちゃしんどくなり
指先までむくんできたので面会終了。


息子は道中でゲットした
怪獣フィギュアと漫画に夢中で
あまり話さなかった(笑)


ベッドに戻ったら
かなり疲れていたのか
ベッドも倒さずに
夜までコテっと寝ていました。


術後すぐは
やっぱり疲れるので
面会はなるべく控えてもらったほうが
良いんじゃないでしょうかね。


さて夕方、同じ病気を経験した大先輩から
メッセージをもらい、、


「めっちゃ痛いです!ナメてました!」
と送ったら
「明日にはかなりラクになるよ!」
と励まされたのですが



あまりに痛かったので
「絶対うそだ」
と思ってました(←ごめんなさい)



でも、翌日には
本当にかなりラクになり
ベッドから降りて歩き回るのも
結構できるようになります。


ということで二日目に続く。


退院直前に化粧して記念写真
ずっとほぼスッピンメガネでした

f:id:yukamenco:20170321092758j:plain

身体ってすげ〜!

手術してから8日で退院
その後も日々、傷が癒えて来ていますが・・・


手術を受けた後の経過を見ていて
ほんとうに驚くのは
身体の回復しようとする力。



手術は初めてではなくて
9年前の出産で
帝王切開手術を受けたのだけど
そのときは生まれた息子に夢中だったので
身体の変化にあんまり意識が行ってなかった。



でも今回は産むものもなかったので(笑)
身体の変化に意識をフォーカスしていたら
いやー面白い。


もうね、切り取られた部分を何とかしよう!と
身体がせっせと頑張ってくれてるのが
自分で分かるんですよ。


傷などの見える部分はもちろんなんだけど
身体の中の変化がハンパないんです。
毎日毎日、メキメキとすごいんだもの。



手術直後は、切り取ったあたりが
混沌とした感じで
「何が起こったんだ!?」と
身体が驚いてテンパってる感覚で。


「グルグルグルグル~」と
痛いやら麻痺してるやら
よく分からず、とりあえず痛かったんですけどね


だんだん、切り取られたことに
身体が気付いてきた、というか(笑)


ああ、ここ足りないから修復しなきゃ
みたいなのがわかってきた感じで
痛い部分が毎日変わるんですよ。


特にわたしは乳房だけでなく
リンパ節を脇の下から
鎖骨の下あたりまで広範囲に
がっつり取っているので


二の腕のあたりがしびれたり
胸板のあたりがじんじんしたり


今日一番痛いとこ、というのが
毎日変わってくる。


そのたびに
まぁ痛いんだけど
今日はここを修復しようとしてるのね、と
思って、よし頑張れと思ってました。



で、退院後には
修復の成果も徐々に出てきて
退院直後のシャワーでは
二の腕の内側に温度感覚がさっぱりなくて
熱いのか冷たいのか
全然分からなかったんだけど・・・



退院して5日ほどたったら
熱い、冷たいがなんとなく戻ってきている!!!
身体がこのあたりの傷ついた神経を
修復してくれたらしい!!!



そして退院後まる1週間
つまり術後2週間めで
今まで伸ばせていた腕や胸の筋肉が
やけにつっぱって痛くなり
伸ばしにくくなったので
先生に聞いてみたら・・・



傷ついた部分が治る過程で
縮んできているので
伸ばしにくくなっているんだとのこと。



てことは
結構なスピードで
治ってきてるってことだよね。



たった2週間でここまでやるか。
身体、えらい。


さらに、聞いてびっくりしたのは
今は切除したリンパ節から漏れる
リンパ液が溜まってしまって
注射器で抜きに行ってるんだけど


このダダ漏れリンパ液も
そのうち、自力で吸収されるようになり


さらに2カ月程度で
取られてしまったリンパ液の通り道を
自分の身体が新たに創ってくれるんだって!



ちょっとー
すごくないですか?



いままで心にばかりフォーカスして
身体のことってあまり興味なかったけど
このメキメキ修復作業を進める
けなげな身体を見ていると



身体の自然治癒力について
もっと学んでみたいなーと思うようになりました。



まあ、痛いのは嫌いだけど
この変化を見ていると
人間ってすごいなーと
純粋に感動しちゃいます。



もっと自分の身体を信じてあげて
いたわってあげなきゃいかんなーと
改めて思う今日この頃です。

 

読んでくださりありがとうございます!
応援の1ポチお願いします↓
にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ

退院しました!

けっこう時間が経ってしまい
ご報告が遅れ、いまさら感満載ですが
改めて・・・


3月5日に無事退院しました!
メッセージくださった方、応援してくださった方
ありがとうございます。


退院翌日から、通院の日々になり
なかなかPCに向かう時間が取れず
お礼が遅くなってしまいました。


現在、術部は傷も順調に治ってきています。
ただ、リンパ液が溜まり、抜きに行く処置のために
通院の日々ですが・・・
それ以外はえらく元気です。


手術翌日からごはんも完食し
それだけでは足りずに
コンビニで買い食いをしていたので
体重もまったく落ちず
むしろ逆にお腹周りに肉がついて
帰還となりました・・・(笑)


退院当日は日曜日だったので
ナースステーションも閑散としていて
ろくに挨拶もできず
そそくさと荷物をまとめて出てきましたが・・・


旦那さんと息子が迎えに来てくれて
帰りは行ってみたかった「すしざんまい」でお寿司。
ビール飲みたかったけど、さすがに控えた(笑)

f:id:yukamenco:20170321092832j:plain


築地場外市場も初観光。

テリー伊藤の卵焼きやさん「丸武」は
大行列。


外国人の観光客でごった返してました。


10日間の入院で久々の外出だったので
外に出た瞬間、情報量の多さにクラっとしたけど
興奮もあってキャーキャー言ってました(笑)


病院は上げ膳据え膳で
寝放題のパラダイスだったけど


やっぱり無菌状態の温室なんで
人ごみもなければ自然もなく、坂もないし
風や温度を感じたりすることがない。


なので、10日くらいがちょうどよかったのかも?
何カ月もいると、ほんと体力落ちるだろうな。


病理検査の結果が出たら
また化学療法が始まるけど
それまでは日常に戻ってのんびりするはずだったのですが


さきほど書いた通り
リンパ液が溜まりまくって
それを抜くためだけに
想定外の病院通いになり
ふだん以上に忙しい毎日を過ごしてます。


都内まで通ってるので大変だね、と言われますが
通院の帰りに、ずっと見れなかった洋服を見れるので
寄り道ばかりして、留守番してくれてる母に呆れられたり


化学療法を想定して
ウィッグを見に行ったり


フラメンコのレッスンに行って踊ってみたりと
割と放浪していまして、周りが結構驚いてます。
そんな感じで、今のところ元気です!


化学療法がはじまると
またいろいろ変化があると思いますが
楽しめる時はできるだけ楽しもうと思います。


入院中のレポートも
時間あるときにまとめて

発信していきますので
今後ともよろしくお願いします~!

 

 

読んでくださりありがとうございます!
応援の1ポチお願いします↓
にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ

楽しんで乗り越えたっていいじゃない?

わたしの乳がんタイプは

トリプルネガティブといって
がんだけを狙う薬が効かない(ネガティブ)タイプ。
 
 
ってことで
効くとされる再発予防薬は
一般的な治療の世界では
今んとこ抗がん剤しかないわけ。
 
 
 
なので術後病理結果次第だけど
まず抗がん剤を提案されるようで。
 
 
で、連想ゲーム
 
 
抗がん剤といえば
毛が抜けるw
 
 
まあ薬によって抜けないのもあるけど
事前リサーチでガイドラインなどを読むと
乳がんで使われる抗がん剤
数パターンしかなくて 
どれをやっても
まずハゲるであろうし
 
 
その他もろもろ外見の変化があって
気持ち的にも沈むし
外に出たくなくなっちゃう、、
 
 
そんな見た目の面を
がっつりサポートしてくれる
相談機関があってね
 
 
なんとヅラ(医療用ウィッグ)
の試着が出来るらしく(笑)
 
 
目新しいものは
どんどん突撃する性格なので
さっそく開いてる時間に寄ってみたら。
 
 
 
そこの看護師さんが
ユーモアがあってめちゃくちゃ明るい!  
 
 
たとえば
こんな質問をしたんだけどね
 
 
 
抗がん剤やりながらでも
できればフラメンコ発表会出たいんですが
出れますかね?」
 
 
とわたしが聞いたら
 
 
「出ましょう!」
 
 
と看護師さんに
食い気味に即答されて
わたしがビックリ(笑)
 
 
「踊ったら
ズラ飛びますかね?」
 
 
と聞いたら
 
 
「以前、体操選手の方がズラで大会に出たことがあるから大丈夫です。 フラメンコって空中回転しないでしょ?」
 
 
って明るくサクッと言われ
私のほうが面食らう(笑)
 
 
聞けばこの相談機関では
レジェンドを作れ!とばかりに
やりたいことをどんどんやっちゃおう!と
後押しをしているらしく、、
 
 
1番のツワモノは
抗がん剤打ったその足で
羽田からラスベガス行った人(笑)
 
 
「レジェンド」殿堂入りらしい。
 
 
次にすごいのは
ディズニーランドの年パス買って
抗がん剤帰りにいってた人(笑)
 
 
まじですごい(笑)
 
 
最近のウィッグは良く出来ていて
ビッグサンダーマウンテンに
手を離して乗っても飛ばないらしい(驚)
 
 
 
そんな話しがポンポン出てきて
わたしが不安に思ってることも
一つ一つ納得できる話で
不安を解消してくれて
もう一瞬でこの場所が大好きになりました(笑)
 
 
 
誰だって辛そうな治療は嫌だし
初めてのことは不安。
 
 
患者は病気への不安もあるし
その恐怖を必要以上に膨らましちゃうよね。
 
 
その無駄に膨らんだ不安を
経験談や豊富な知識で
リアルサイズにしてくれ
 
 
必要以上に怖がらず
自分に出てきたことについて
具体的に対策を打てば良いだけ、と
ものすごくシンプルにしてくれて
さらに笑いにもっていく、、
この看護師さん、神ってる!と思ったわ
 
 
 
次の日に
もっと体系立ててお話を聞ける
外見対策講座があるらしく
そちらでウィッグをかぶれるそうなので
楽しそう!参加します!と伝え
意気揚々とその場を離れた。
 
 
気分はウッキウキ(笑)
 
 
 
ただ我慢するとか
つらいけど頑張るとか
治療だから仕方ない、とか
考え方はいろいろだけど
 
 
 
楽しんで乗り越えたっていいじゃない?
ここにはそんな例がたくさんあるよ!
 
 
 
って提案が詰まっていて
 
 
ここに通う間、
わたしのオアシスになりそうです。
 
 
外見講座もめちゃくちゃ面白かったので
忘れないうちにレポしますね。
 
 

読んでくださりありがとうございます!
応援の1ポチお願いします↓
にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ

 

同じ境遇の友だちを持つこと。

乳がんになって
がん友ができてきた。
っていうか「がん友」というらしいが
ネーミングもうちょい考えたほうが良いかと(笑)
 
 
ま、ネーミングはさておき、、
 
 
わたし個人の意見では
「その境遇を経験したひとにしか
わからない気持ちや悩み」
は、経験した同士で話すのが
一番分かり合えると思ってる。
 
 
 
会社なら同僚だし
趣味が一緒の仲間だったり
 
 
 
出産も子育ても然りで
ママ友に救われた部分も大きかったし
いて良かったなと思う。
 
 
わからない人に
必死に話して
「わかってくれない!」というよりは
分かってくれる確率の高い人に
話すのが早いというか。
 
 
 
まあ、相手がパートナーとか
「この人にこそ分かってほしい」
ってこともあるけど
やっぱり限界があるし
お互い精神衛生上よろしくない。
 
 
 
だからだいたい、自分が今いる境遇に
似た人と知り合いになるし
そういう場には割と積極的に出かける。
たまに傷の舐め合いみたいな場もあるけど
そんなときはフェイドアウトだし
 
 
 
誰でも良いわけじゃなく
その中でさらに
感じ方や考え方が似ていたりすると
仲良くなるのだけどね。
(好き嫌い激しい人見知り)
 
 
 
 
今回もそんな感じで
病気がわかってすぐに
乳がんサロンに参加して
いろんな先輩方の話を聞かせてもらった。
 
 
こちら、たまたま再建サロンだったので
すでに乳腺治療より再建にフォーカスされてるから
雰囲気がめちゃくちゃ明るい!
 
 
帰りはなんと飲み会になり
抗がん剤しながらお勤めされた話や
両側乳がんで腹筋を使い再建されて
退院後すぐにジムに行って断わられた話など
みんな元気すぎ!という話を聞いて
めちゃくちゃ元気をもらいました。
 
 
そのあと今の病院で参加した
手術説明会で出会った方も
たまたま同じ先生だったので話が盛り上がり
先に手術した人が持って行ったら良いものを
LINEで教えてくれたり
いまは私が次に入院する方に
おすすめ休憩スポットを教えたり(笑)
 
 
フラメンコの先生の知り合いの
これまたフラメンコの先生が
乳がん経験者で
一緒にランチしてお話聞いたり
お守りアイテムもらったり
励まされたり。
 
 
この先生とランチしちゃったってことも
わたしにはかなり有難いラッキー。
結構昔からやってらっしゃる有名な方で
普段は踊りの先生と
フラットに話すことあまりないじゃない?
 
 
で、入院してからは
となりは違う病気の高齢の方だし
家族がずっといらしていて
話す人もいないから
ずっと誰とも話さなかったんだけど
 
 
今日のリハビリで隣になった方が
ちょうどわたしと同じ術式
(全摘とリンパ郭清)で
一気に親近感が沸いちゃってね。
 
 
同じ乳がんでも
全摘か温存か
リンパ郭清したかしないか
がんのタイプ
なんかで体の負担や治療法もかわるので
 
 
全摘でリンパ郭清、と聞いただけで
おお!仲間(≧∇≦)となるのです(笑)
 
 
その方は先週手術で明日退院らしく
先週のリハビリは彼女以外全員温存だったらしく
全摘とリンパ郭清のわたしを見つけて 
すごく喜んでくれました。
わたしも初めての全摘仲間で嬉しかった!
 
 
で、まあまあご近所だし
趣味もゴスペルされていたり
なんとなく好みも合いそうで
話し込んで消灯時間過ぎる(←修学旅行か?)
 
 
同じ病気の人しかわからない話とか気持ちって
あると思うから、こういう出会いは嬉しかったし
初めての方と話すとき、
好奇心のアンテナが立ちまくる瞬間はたまらん。
 
 
 
新しい世界はいつも
新しい出会いがあって楽しいなぁって
思うんだよね。
 
 
わたしも今は教えてもらうばかりだけど
もらうだけじゃなく
自分の経験を今後の方に
伝えていけたらいいなって思います。
 
 
何か質問があったら気軽にメッセ下さいね〜。

読んでくださりありがとうございます!

 


応援の1ポチお願いします↓
にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ